重要事項説明書確認ポイント-建築基準法に関する事項-

重要事項説明書確認ポイント-建築基準法に関する事項-

重要事項説明書確認ポイント-建築基準法に関する事項-

重要事項説明書の確認ポイント:違法建築でないか

「重要事項説明書」で、 その建物が建築基準法に適合しているかを確認します。

つまり、その建物が違法建築でないことを確認します。

その物件が違法建築かどうかは「重要事項説明書」に記載されている 「土地面積」と「延べ床面積」が「建蔽率」と 「容積率」の基準内に収まっているかを確認します。

違法建築のデメリット

土地面積と延べ床面積が建蔽率(けんぺいりつ)と 容積率の基準をオーバーしていたら違法建築とみなされ銀行からの融資を受け難くなります。

中には建てた当時は建築基準に合っていたものの、 その後「建築基準法」が変わって基準をオーバーした「現況不適格物件」があります。

現況不適格物件では、 建て替え時には現在と同じ面積の建物は建てられません。

デメリットをメリットに替える

このような違法建築に該当する建物は色々とデメリットがあります。 しかし、このデメリットを利用して値引き交渉の材料として利用できるメリットがあります。

次は重要事項説明書の「敷地と道路」について解説します。