青色申告と白色申告について

不動産投資に有利でかつ向いている人について「青色申告と白色申告について」について紹介しています。

青色申告と白色申告について

不動産オーナーになったら必ずしなければならないのが確定申告です。

確定申告には「白色申告」「青色申告」があります。

青色申告にはさらに特別控除額が10万円と65万円の控除額特典があります。

確定申告は青色申告でも、白色申告のどちらでも問題はありません。

ただ、特別控除額があり、 銀行に対する信用力が高まる青色申告の方が有利になると思います。

青色申告の特典を受けるには、 一定の要件に従い帳簿(損益計算書)を作成する必要があります。

青色専従給与の支払いや所得金額から10万円(事業的規模の場合は65万円)を 所得から控除ができます。また青色申告の場合、 赤字を翌年以後3年間繰り越せる純損失の繰越し等の優遇を受けることができます。

記帳が面倒な方は月々数万円払ってでも税理士に頼みましょう。

青色申告をするには、 前もって自分の住んでいる地域の税務署に開業届けを提出する必要があります。

最初は白色申告で始めて、翌年開業届けを出して青色申告に変更することも可能です。